現職IT技術者による本物の翻訳を!

Bottle(チュートリアル-リクエスト・ルーティング) (Pythonパイソン)英日翻訳その1

あまり、日本語訳がない「パイソン(Python)」のBottle Tutorial、Request Routingから翻訳例を下に掲げます。
参考にしていただけると幸いです。


REQUEST ROUTING
リクエスト・ルーティング

In the last chapter we built a very simple web application with only a single route.
 最終章において、私たちは、シングル・ルートを有する極めてシンプルなウェブ・アプリケーションを構築しました。

Here is the routing part of the “Hello World” example again:
 ここで、“Hello World”サンプルのルーティング部分を再び示します:

@route(‘/hello’)
def hello():
return “Hello World!”

The route() decorator links an URL path to a callback function, and adds a new route to the default application.
 @route(‘ ‘)(ルートデコレーター)は、URLパスをコールバック関数にリンクさせ、新しいルートをデフォルトアプリケーションに加えます。

An application with just one route is kind of boring, though. Let’s add some more (don’t forget from bottle import template):
 ただ一つのルートを有するアプリケーションは、退屈ですが。さぁ、もう少しつけ加えてみましょう(bottle import templateを先に加えることを忘れずに):

@route(‘/’)
@route(‘/hello/‘)
def greet(name=’Stranger’):
return template(‘Hello {{name}}, how are you?’, name=name)

This example demonstrates two things:
 この例は、2つのことを明示しています:

You can bind more than one route to a single callback, and you can add wildcards to URLs and access them via keyword arguments.
 1つ以上のルートを一つのコールバックに結び付け、そして、「変数をURLに加え」かつ、「仮引数経由で@route」にアクセスすることができます。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、下記のブログに参加しております。
応援クリックをいただけますとうれしいです。
にほんブログ村 IT技術ブログへ

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2018 IT翻訳

テーマの著者 Anders Norén